アメリカンダイナー好き筆者がおすすめする東京で一番アメリカンなお店 【錦糸町】CoCo.Pure

 

皆さん、アメリカンダイナーをご存知ですか?

 

 

アメリカンな場所なのはなんとなくわかるけど

詳しいことはよくわからない・・・

 

今回は皆さんにアメリカンダイナーの魅力についてもっと知ってもらうべく

アメリカンダイナーをこよなく愛する無類のアメリカンダイナー好きである筆者が

アメリカンダイナーの魅力について余すところなく解説していきます。

さらに東京で一番アメリカンなダイナーを発見したので後ほどご紹介しますね。

 

 

アメリカンダイナーの歴史

 

 

アメリカンダイナーとはもともとサンドイッチやコーヒーなどの軽食を

労働者にワゴンで提供していた移動屋台が起源だとされています。

1906年にフィリップ・ドゥプリーとアーヴィン・ストッダードが

現在の「アメリカンダイナー」と呼ばれる形式の店をアメリカ東海岸一帯に展開したのが

アメリカンダイナーの始まりと言われています。

 

ワゴン一つで開業できるアメリカンダイナーはコストがかからず個人の起業に適していたので

魅力的な小規模ビジネスとして第二次世界大戦後瞬く間に普及していきました。

 

アメリカンダイナーで提供されるメニューは

主にハンバーガー、フライドポテト、サンドイッチなどの典型的なアメリカ料理で

デザートはアップルパイやチェリーパイなどが一般的です。

価格はかなり安価で、サンドイッチ、副菜、ドリンクを頼んでも

当時の労働者の最低賃金1時間分ほどでした。

 

こうしたアメリカの大衆社会を表象的に反映したアメリカンダイナーは

しばしばアメリカ文化の象徴として映画に登場します。

「バックトゥザフューチャー」「アメリカン・グラフィティ」

「パルプ・フィクション」「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」

など数多くの映画にアメリカンダイナーが登場しています。

 

若者が和気あいあいと会話をしたり、デートをしたり、時には喧嘩をしたり・・・

アメリカ人の青春の1ページには欠かせない特別な空間としてアメリカンダイナーが描かれています。

 

アメリカンダイナーと聞くとなんとなくレトロで古き良きアメリカをイメージするのは

こうした歴史が背景にあるからなんですね。

 

 

薄暗い店内にまぶしく光るネオンサイン

目がチカチカするような白と黒のブロックチェックタイル

整然と並ぶスタイリッシュなシルバーのダイニングチェア

ごちゃごちゃしているようで統一感のあるコカ・コーラの雑貨・・・

思わずときめいてしまうのは私だけでしょうか。

 

アメリカンダイナーはありふれた日常的な場所でありながら

50’sアメリカの世界にタイムスリップしたかのような

非日常体験ができる不思議な魅力を持っています。

 

これまで日本全国津々浦々のアメリカンダイナーを訪れてきた

無類のアメリカンダイナー好きである筆者が

本当に1950年代のアメリカにタイムスリップしたかのような感覚を味わえる

超本格的アメリカンダイナーを発見したのでご紹介します。

 

 

【錦糸町】CoCo.Pure

 

錦糸町駅北口から歩いて5分ほどにあるベティちゃんが目印のお店です。

この日はワールドカップ仕様なのかブラジル代表のユニフォームを着ていました。

路地裏にひっそりと佇んでいるお店なので

知らない人なら気づかずに素通りしてしまうくらいディープなスポットです。

 

 

早速店内に入ってみましょう。

 

ドアを開けた次の瞬間、

すごい!!!!

本当にアメリカンです。

 

 

店内はアメリカンダイナー特有の奥行きがある作りになっています。

アメリカンダイナーに縦長のお店が多いのは

もともとワゴン車で営業していた名残といわれています。

 

入り口でパシャパシャ写真を撮っている迷惑な客にもかかわらず

「いらっしゃいませ~~中へどうぞ~~」

アメリカンな優しい店主さんが出迎えてくれました。

 

案内されたのは店内の一番奥のモニターが見える特等席。

テーブルからの眺めはこんな感じです。

 

 

この時は「ジュラシックワールド」が上映されていました。

さすがアメリカンダイナーだけあって映画もアメリカン。(笑)

 

映画を見ながら赤ワイン(500円)で乾杯。

驚いたのがサイズ感で、グラス一杯にデキャンタ並みの量が入っていて

これがアメリカンサイズ!?と思ってしまうほど高コスパでした。

 

 

壁にはなぜかジョーズが顔を出しています。

視線を感じてちょっとドキドキ。(笑)

 

 

天井にスパイダーマンがいました。

いまにも動き出しそうな臨場感。

なんだかUSJのようなテーマパークに来たかのような感覚です。

全体的にディスプレイにはかなりお金がかかっている印象です。

 

 

出ました、アメリカの象徴「自由の女神像」!!!

壁にはアメリカンなポスターがたくさん並んでいました。

ここだけ見たらまるで本場アメリカですね。

 

 

雑貨にもかなりこだわっている様子。

アメリカンと言えばやっぱりコカ・コーラグッズですよね。

テーブル雑貨のほとんどがコカ・コーラ社製でした。

いちいちテンションが上がります。

 

せっかくなのでメニューを載せておきますね。

 

 

 

メニューは非常に豊富で前菜、グリル、ハンバーガー、フライなど

様々なジャンルのアメリカ料理が楽しめます。

 

中でも筆者おすすめはインスタ映え必至のカラフルなクリームソーダ。

クリームソーダってどうしてあんなに可愛いんでしょうか。

ソーダに真っ白なアイスとチェリーがちょこんと乗っているだけで

アメリカンなムードたっぷりの魔法のインスタ映えドリンクに。

クリームソーダ片手に写真を撮れば「いいね!」爆発間違いなしです。

 

 

ドリンクメニューも充実しています。

ソフトドリンクは400円~、アルコールは500円~と良心的な価格で提供されています。

さらに日本では珍しい海外ビールが豊富にそろっているのも魅力で

全てのセレクトボトルビールがALL700円で楽しめるコスパの良さが嬉しいですね。

 

 

お店の情報はコチラ

店名:ココピュア (CoCo.Pure)

TEL:03-6456-1991

住所:東京都墨田区錦糸3-8-11 大野ビル 1F

営業時間:【ランチ】月~金 11:30~14:30【ディナー】17:00~24:00 (L.O23:30)

定休日:日曜

アクセス:総武中央線・東京メトロ半蔵門線・総武快速線 錦糸町駅徒歩3分

錦糸町駅から204m

公式ページ:https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13172743/

 

 

正直今まで日本全国のアメリカンダイナーと呼ばれているお店を訪れてきましたが

ここまで50’sアメリカを細部まで忠実に再現しているお店は初めてでした。

古き良き時代のアメリカへタイムスリップしたかのような体験ができる

本格派アメリカンダイナー「ココピュア (CoCo.Pure)」へ

皆さんもぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です