超希少な生ホッピーの飲める店!!三ツ峰(みつみね)【西新井】に行ってきた

 

皆さんは「ホッピー」を飲んだことはありますか?

ホッピーとは当時高級品であったビールの代替品として1948年に開発されたビール風味のドリンクのこと。

原材料に麦芽やホップ、酵母を使っているため、ビールに似た喉ごしとスッキリした味わいが特徴です。

 

 

「ホッピー」について詳しく解説!!

 

 

ホッピーは関東の大衆酒場ではおなじみのドリンクでしたが

低カロリー・低糖質・プリン体ゼロというヘルシーさから

最近では若い女性たちの間でもファンが多いんだとか。

 

たいていの居酒屋でホッピーを注文すると、マドラーの入った焼酎入りジョッキと黒いボトルが出てきます。

ホッピーとは正式には焼酎の割もののことをいい、ホッピーの黒いボトルで提供されます。

もともとは割ものであったホッピーですが、次第に焼酎のホッピー割のことを「ホッピー」と呼ぶようになったようです。

「ホッピーはノンアルコール」と思っている方も多いようですが

実はホッピー自体にもごくわずかですがアルコール(約0.8%)が含まれています。

 

 

焼酎を好きなホッピーの分量で調節しながら飲めるので

自分好みのアルコール度数にカスタマイズ出来るのも魅力です。

 

コスパも非常によく、安いお店だと1000円でジョッキ3杯くらい楽しめます。

この圧倒的な安さもホッピーが大衆酒場に欠かせない存在として昔から愛されてきた理由です。

 

よく居酒屋で「ナカ一つ」とか「ソト一つ」なんて注文をしているのを聞いたことはありませんか?

「ナカ」とは名前の通り中身、つまり焼酎のことで、「ソト」は割ものであるホッピーのことを指します。

 

実はホッピーには美味しく飲むための黄金比率があるのをご存知でしたか?

販売元であるホッピービバレッジが推奨する黄金比率は”三冷(さんれい)”と呼ばれ

冷凍庫でキンキンに冷やしたジョッキでこれまたキンキンに冷やしたキンミヤ焼酎とホッピーを

ナカ1:ソト5の比率で飲むのがツウの飲み方なんだとか。

 

 

超希少「生ホッピー」とは??

 

「生ホッピー」とはその名の通り、専用の生ホッピーサーバーから直接ジョッキに注がれるホッピーのことで

通常の瓶入りのホッピーとの最大の違いはきめ細かなクリーミーな泡となめらかなのどごし。

ビールでいうならまさに樽生といったところでしょうか。

ビールでもない、ホッピーでもない、一度飲んだら間違いなくハマる味わいが生ホッピーの特徴です。

 

実はこの生ホッピー、飲めたらラッキー!!というくらい超レアなんです。

それもそのはず、生ホッピーは厳しい品質管理やサーバー管理、焼酎との正しい割合を守るなど

厳しい条件をクリアしたお店でしか提供が許可されておらず

生ホッピー提供店は関東近郊でも数十店舗しかないと言われています。

 

そんな超希少な生ホッピーが飲めるお店を偶然(?)発見したのでご紹介します。

今回お邪魔したのは足立区西新井にある「三ツ峰(みつみね)」さん。

 

 

超希少な生ホッピーが飲めるお店「三ツ峰(みつみね)」【西新井】

 

 

お店は「関東の高野山」として有名な西新井大師にほど近い、大師前駅のすぐそばにあります。

ホッピーの文字が書かれた赤い提灯が印象的な下町風情の溢れる焼き鳥屋さん。

 

店頭では焼き鳥のテイクアウト販売も行っていました。

夕飯時ということもあり、慣れた様子で注文する近所の人の姿が多くみられました。

晩酌のお供に焼き鳥を注文しているのでしょうか。

いつまでも残したい下町の風景がそこにはありました。

 

 

早速店内に入ってみましょう。

店内の様子はこんな感じです。

 

 

 

常連客でにぎわうアットホームな雰囲気。

どことなく高齢者の方が多い印象でした。

 

色褪せた手書きのメニューといい石畳の床といい

うっとりするような昭和感がにじみ出ていて

まるでタイムスリップしたかのような光景でした。

 

 

店内には有名人のサインがズラリ。

吉田類さんやビートたけしさんなど名だたる著名人がテレビ番組のロケで訪れているそう。

偶然訪れたお店に吉田類さんもいらっしゃったということで

酒場放浪記ファンとしてはかなりテンションが上がりました。

 

「類は友を呼ぶ」とはまさにこのことですね(笑)

 

テーブルに着くと絵にかいたような江戸っ子の気さくな店主が

手際よくおしぼりとお通しを持ってきてくれました。

 

 

この日のお通しはピーナッツ。

ポテトサラダはお店からのサービスということでした。

下町ならではの気前の良さにカンゲキ。

空腹過ぎて写真を撮る前に半分食べてしまいました。悪しからず。

 

さて、気になるメニューですが

一般的な居酒屋によくあるメニューの冊子などは見当たりません。

代わりに、壁一面に所狭しと手書きのお品書きが貼ってありました。

 

 

メニューの種類は多くもなく少なくもなくという感じでしたが

大衆酒場ならではの素朴なメニューが多いという印象。

とりあえず生ホッピーを頼みます。

 

 

こちらが生ホッピー(白)(400円)。

ホッピーは普段から飲んでいるのですが、今回は初めての生ホッピーに挑戦。

氷なしのジョッキにあらかじめナカとソトが混ざった状態で提供されます。

 

乾杯~~!!!グビグビ、、、ん、、!!?

あれ、なんか全然違う!!!

ホッピーなのにホッピーじゃない!!!

 

飲んでみてビックリ、今まで飲んだことのないクリーミーでなめらかな味わいでした。

喉ごしもスッキリしていて瓶入りほど炭酸感が強すぎずどんどんイケちゃいます。

一口だけ飲むつもりがついつい美味しすぎて気づいたら半分飲んでました。

結局飲みかけの写真になってしまいました。悪しからず。

 

 

 

焼き鳥のオーダーは記入式。

シートに焼き鳥の本数とたれか塩を選んで店員さんに渡します。

一本ずつからでも注文できるのが嬉しいですね。

 

 

焼き立ての焼き鳥が運ばれてきました。

レバーのみたれでその他の串はすべて塩で注文しました。

焼き鳥は1本100円前後とコスパはかなり良いです。

 

中でも一番美味しかったのは「なんこつ」。

コリコリとした歯ごたえのあるなんこつにジューシーな脂身があいまって

噛めば噛むほど旨味が溢れ出します。

あまりに美味しすぎてなんこつはこのあと2回もおかわりしました。

 

 

鳥なんこつのから揚げと鶏から揚げも注文しました。

鶏のから揚げは値段の割にボリュームが無さ過ぎて残念。

付け合わせはマヨネーズ派でした。

 

お会計はたくさん食べて飲んで2人で5000円ほど。

ただ明細がもらえないのでどういう会計がされているのか分からず

不明朗というかあまり顧客目線とはいえませんでした。

 

味と生ホッピーが飲めることに関してはとてもいいお店だと思いました。

機会があればまた行きたいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

お店の情報はコチラ

店名:三ツ峰

TEL:03-3898-1681

住所:東京都足立区西新井本町1-10-7

営業時間:16:30~

定休日:日曜日

アクセス:大師前駅から229m

公式ページ:https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132404/13042806/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です