宇都宮に来たら大谷石地下採掘跡に行かないなんて勿体無い!その理由は?『観光スポット』

お疲れ様です。HIROです。

普段は都内でタクシードライバーをやっています。

ライターのプロフィール

 

で、僕は学生時代の4年間を栃木県で過ごしました。

主な生活拠点はは宇都宮でしたが、車を持っていたことも

あり様々な観光スポットにも積極的に足を運びました。

 

その一つが僕のサイトでもかなりの数読まれている餃子の記事

興味のある方は覗いてみてください。

宇都宮に4年間住んでいた僕がオススメする餃子ランキング(穴場あり)

 

では前置きが少し長くなりましたが早速、大谷石地下採掘跡のレビューをしていきます。

 

まず、到着して思ったのが

デカーーーーーー!!!!

写真じゃ上手く伝わらないのが非常に残念です……

 

車を止めて早速エントラスに向かいます。

 

出典 PARTNER

 

大人 700円

子供 350円

未就学のお子様は無料。

 

700円を支払いエントランスから続く入り口から入館します。

 

まず入ってすぐはその当時の採掘場所で使われていた

道具や歴史が説明されたブースを通ります。

 

大谷石採掘場跡の歴史

 

大谷石採掘跡は栃木県宇都宮市の北西部にある大谷地域で江戸時代の後期から

取られていた石でその地域が大谷だったので「大谷石」と言われるようになりました。

採掘は明治時代から盛んになり昭和40年頃は240軒もの採掘場があったと言われています。

ただ、現在ではわずかに8件にしかないと言われています。

 

この大谷石採掘跡を出てから車で宇都宮市街に戻る途中で何件も

大谷石で出来たであろう家や倉庫を目にしました。

 

友達と車の中であれ絶対大谷石で出来たよね!!??

と言いながら盛り上がったのを覚えています。

 

それも1軒ではなく何軒もそのようなお家があったので

全盛期にどれだけ採掘が盛り上がっていたのか想像もできません。

 

あなたも採掘場跡に行った際は帰りの道中でお家を見ていれば必ず

発見できると思いますでの楽しんでみてください。

 

話を戻して大谷石採掘跡のバックグランドを頭に入れ、いざ採掘場へ。

 

大谷石採掘跡へ潜入

 

 

地下採掘場なので入ってすぐに階段で下に降りていきます。

 

ここで、入って最初に感じたことは寒む〜〜〜〜!!

 

僕が行った時は夏で外に居るだけで汗が出るような季節だったのですが

大谷石採掘跡の中は冷蔵庫のように冷えていて真夏でもかなり寒いです。

 

受付でブランケットを無償で貸し出ししている意味を理解しました。笑

もう半分以上階段で降りていたので戻るのも面倒だったので短パン半袖で

潜入します。

 

一番下まで降りるとかなり幻想的な雰囲気に包まれた大きい空間に出ます。

実際の写真がこちら

 

世間ではインスタ映えで行ってみたスポットが実際はカスだったなんて

話をよく聞きますが、ここはその逆!!

 

写真よりもリアルに行った方が何倍も美しいです。

 

 

写真だと空間を上手く伝えられていないと思いますが

とにかくスケールがデカイ!!

 

これを掘ったというのだから人間って本当に凄いな〜〜

と感心しました。笑

 

この採掘場跡は神秘的空間だということもあり

多くのドラマや映画での撮影場所としても使われました。

 

その映画やドラマのワンシーンが何百枚と壁に作品名と一緒に飾られています。

 

また、オブジェや小学校の体育館並みに広い空間などもあり

正直歩くのが疲れるくらい広かったです。

 

僕たちは館内を結局40分くらいウロウロしていて寒すぎたので

急いで地上へ向かいました。

 

外は真夏だと言うのに暖か!!と感じるくらいです。

 

大谷石採掘跡の目の前にはOYA MUSEUM ROCKSIDE MARKETで一休み

 

このOYA MUSEUM ROCKSIDE MARKETにはお土産コナーとカフェが併設されていて

一休みできる空間になっています。

 

 

外観からも見てわかるようにとてもお洒落で、正直採掘場跡地には似合わない建物だと感じるくらい浮いていました。

そこは大谷石を使って建てて欲しかったな〜〜笑

 

店内も凄くお洒落で大谷石を使ったグッズからカバンと言った小物類が

多く販売されていました。

 

出典 #とち、フラ〜さん

 

出典 #とち、フラ〜さん

 

僕たちも店内に併設されているカフェでケバブのようなサンドウィッチを食べました。

写真を撮り忘れたので4travelさんが僕が食べた物の写真を載せていたのでお借りします。

 

出典 4travel.jp

 

種類も豊富で様々な味があるのでかなり迷いました。

 

 

店内は結構広くてソファー席とカウンターがあって僕たちが行った時は満席でした!!

20〜30席くらいあった気がします。

真夏の暑い時期だったこともあり、多くの方がアイスクリームを食べていました。

僕はまだ、体が冷え切っていたのでアイスを食べる気分にはなれなかったです…..

機会があればアイスも食べてみたいと思います!!

 

最初は採掘跡だけ見て終わりかな〜と思ったのですが

OYA MUSEUM ROCKSIDE MARKETがあることで採掘場見たら

帰りあそこ行こうみたいな話の流れができてデートスポットにもオススメだと感じました。

 

大谷石で作った物を実際に手に取って触れるというのは

個人的に貴重な体験ができたと思うので大満足です。

 

OYA MUSEUM ROCKSIDE MARKETがあることでオススメポイントがかなり上がりました!!笑

 

大谷石採掘跡には予約必須の特別ツアーがある??

 

僕たちは、本当はこのツアーに参加したかったのですが

前日に大雨が降った影響で参加できなかったのです。

 

そのツアーというのが、ボートで採掘場跡を探索すること。

出典 gurutabi

 

ツアーの料金は一人7460円で少々お高いですが行く価値はあると思います。

 

ただ、歩いて中を見ただけであれだけ感動できたのだから

また、別の大谷石採掘の顔を覗かせてくれたに違いがありません。

 

また、機会があれば挑戦してみたいとは思っています。

 

今回本来やりたかったコースとは違う結果になりましたが大満足でした。

 

宇都宮駅からも20〜30分で行けてこれだけ幻想的な空間で非日常をを感じれれるのは

貴重だと思います。

 

また、行きたいか?と言われれば一回行けば十分だと思います正直!!笑

 

ただ、一回は行った方がいいと断言できるくらい素晴らしい

オススメ観光スポットでしたというのが僕の感想です。

 

最後に簡単に大谷石採掘場跡の情報

大谷資料館(おおやしりょうかん)

住所:栃木県宇都宮市大谷町909

開館時間:9:00〜17:00(最終入館は16:30まで)

料金:大人700円 子供350円(小・中学生) 未就学児無料

アクセス:JR宇都宮駅より西口バスターミナル関東バス6番乗り場から「大谷・立岩行き」で約30分

駐車場:100台有

※駐車場は坂を上がった所に停めるのがオススメ。

急な坂を上らずに済みます。

 

では、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

あなたにオススメ記事

宇都宮はなぜ魅力度ランキングが低いのか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です